~福島第一原発から50キロ 風評被害と戦ったある農家の軌(奇)跡~ 実録 二本松農園の1000日
~福島第一原発から50キロ 風評被害と戦ったある農家の軌(奇)跡~ 実録 二本松農園の1000日

~福島第一原発から50キロ 風評被害と戦ったある農家の軌(奇)跡~ 実録 二本松農園の1000日

¥1,800 税込

※こちらはダウンロード商品です

nihonmatsufarm1000days.pdf

684KB

福島県二本松市の山間部。そこでは、新規就農者が耕作放棄地を開墾し、キュウリと米を栽培していた。新しい日本の農業を実現したい!希望に燃える農園を・・突然、放射能汚染、出荷停止、風評被害が襲いかかる・・。それから3年、この農園は、どのようにして生き延びてきたのか。その驚くべき「逆転の発想」が今、明らかにされる。 これを読めば、福島県農業の現状はもとより、食をめぐる消費者と農家の新しい関係が見えてくる。 ※収益の一部を、『有機除染』・『放射能とくらしの博物館』に寄付させていただきます。